科研費(基盤研究C) 2017-2019

研究名

発話の非流暢性生起の分析とその応用

目的

発話の非流暢性では,生起位置とその位置の音声の移行が普遍的で,プロソディ生成の影響が個別言語的と言える。 例えば吃音では,類型が異なる日本語,英語,中国語で,音節構造や音節内の分節素同士の結合強度が異なり,それに普遍的な事項が関わって,三者三様の非流暢性の形態を作り出す。 このことは言語障害の診断基準と評価やセラピーにおいて重要であるにもかかわらず,まだ十分に解明されていない。 本研究は,日本語のピッチアクセントと英語の強勢と中国語の声調の詳細が,非流暢性生起位置ならびにそこの音声の移行と,非流暢性の発生でどのような関係にあるかを,発話サンプルの統計分析と発話テストに基づいて明らかにする。 そしてその成果を吃音の評価とセラピーに提供する。

科研費(基盤研究C) 2017-2020

研究名

言語獲得を考慮した吃的非流暢性の評価及び指導モデルの構築(代表:見上昌睦)

目的

蓄積した吃音に関する言語学・音声学の知見と直接法のセラピーの研究成果を踏まえて,言語発達の様相を分析し,自然治癒タイプ弁別の指標を含む吃音の評価モデルを作成する。 そして評価のスクリーニングを行い,その成果を検証する。 また幼児・学童児の発話の非流暢性を緩和する直接法のセラピーモデルと幼児と学童児の間接法の環境調整モデルも作成し,それらを実施してその効果を検証する。

科研費(挑戦的萌芽) 2014-2015

研究名

最適性理論の方法を応用した発話の非流暢性の分析とその統計的検証

目的

1993年以降有力な音韻理論が一変した。 基底形から表層形へ規則の関与で変形する生成音韻論を,制約の序列で出力を決定する最適性理論が凌駕した。 前者では規則の領域があり,どの規則にも例外が生じた。 後者は普遍的な制約の序列配置において上位の制約を破る出力候補が排除され,消去法で最適な候補が出力する。 その序列配置が言語や方言で異なり,言語の普遍性と個別性がこの枠組みの中で完結する。 言語障害でも普遍的な複数の要因に基づく引き金がその発話の出力に影響し症状となる。 複数の引き金を言語の制約と同じように序列化し,障害の重軽度,言語構造とプロソディの相違でそれらの序列が異なることを明らかにすれば,最適性理論同様,障害の普遍的・個別的様相がこの枠組みの中で明示される。 この枠組みの構築が本研究の目的である。

科研費(基盤研究B) 2011-2014

研究名

言語の普遍性と個別性を考慮した言語障害の症状の解明とそのセラピーの探求

目的

本研究では、言語の普遍性と個別性を考慮した非流暢性(吃音と構音障害を対象とする)の症状を解明し、さらに、それらを勘案したセラピーを考案する。 言語障害の症状が、言語の多様性(各言語の特性)を反映したものか、言語の普遍性を反映するものかが明らかでないと、症状に対応した言語学的・言語病理学的診断が定まらない。 誤った診断をもとに実践された治療やセラピーは、正しい効果を得られない。 この問題は深刻であるにもかかわらず、長い間放置されてきた。 そこで、本研究では、発話の非流暢性に現れる言語の普遍性と個別性を明らかにするとともに、その非流暢性を改善する方法を複数立案し、セラピーで実践する。 さらに、人間の脳機能の働きから、そのセラピーの効果を確かめる。

目標

  • 発達性吃音と機能性構音障害の類型を設定し、それに則した症状を日本語と英語の相違を中心に理論的・実証的に明らかにする。 可能な範囲で中国語(北京方言)、朝鮮語(ソウル方言)についても記述する。
  • 吃音について、自然治癒の可能性のあるもの、ないもの、重症、軽症の類別する。
  • 構音障害について、一般化が可能なもの、不可能なものについて類別する。
  • 日本語吃音者の音声学的・言語学的な問題点を考慮した発話モデルを複数作成し、類型にあったセラピーの方法論を確立する。
  • 吃音の言語学的・音声学的側面を総合的な見地からも位置付ける。

メンバー

  • 氏平 明(豊橋技術科学大学大学院 総合教育院 教授)
  • 上田 功(大阪大学大学院 言語文化研究科 教授)
  • 森 浩一(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 感覚機能系障害研究部 感覚認知障害研究室 室長)
  • 見上 昌睦(福岡教育大学 特別支援教育講座 教授)
  • 川合 紀宗(広島大学大学院 教育学研究科 附属特別支援教育実践センター 准教授)
  • 坂田 善政 (国立障害者リハビリテーション学院・言語聴覚学科・教官、同センター病院・言語聴覚士)
  • 脇 豊明 (京都市立上賀茂小学校・言語障害・難聴通級指導教室・教諭)
  • Peter Howell (University College London, Division of Psychology & Language Sciences, Faculty of Life Science・Professor)

研究体制

研究体制
図 : 研究体制(クリックで大きな図が見られます)

連絡先

住所
〒958-0053
新潟県村上市上の山2-16 新潟リハビリテーション大学 氏平明
電話
FAX
メール
pxm06100?nifty.ne.jp (?=@)