研究紹介

テーマ1発話の非流暢性に関する言語学的な分析

健常者と吃音者が作り出す繰り返し部分をもつ同一形態の非流暢性の生起環境を統計的に比較分析して、吃音者と健常者の発話の非流暢性の背景と要因が異なっていることを、明らかにする研究である。 その言語資料は日本語、英語、朝鮮語と中国語からなる(10000例以上)。発話の非流暢性の形態、繰り返しの単位は個別言語の特徴に拠っている部分が大きいが、健常者と吃音者は個別言語に共通して、異なる背景から非流暢性を生じている。 健常者は音韻符号化のステージで有標な形態が非流暢性を引き起こしているが、吃音者は発声の難しい音声の移行で非流暢性を発生させている。

キーワード:発話の非流暢性、非流暢性の生起環境、非流暢性の形態、有標と無標、音声の移行
発話のループモデル
図1:発話のループモデル
非流暢性の頻度に関する音声の移行と聞こえ度の階層
図2:非流暢性の頻度に関する音声の移行と聞こえ度の階層

テーマ2発話の非流暢性に関する音声学的な分析

健常者と吃音者の発声に焦点をあてて、声帯振動と喉頭制御を主に診断的な音響分析から両者の異同を探求している。 被験者は日本語母語と英語母語と朝鮮語母語の80名である。 吃音者は母音の発声で健常者と比較すると顕著な病的音声が検出できる。 この病的音声の主なものは呼気を一定に保つことができないところから生じるSPとAPQで、このことは吃音者が呼気と喉頭制御のバランスがうまくとれていないことに起因していると考えられる。 したがってテーマ1と合わせて考察すると、健常者の非流暢性は音韻符号化のステージで生じているが、吃音者のそれは、調音実行のステージで生じていることが窺われる。

キーワード:声帯振動、呼気と喉頭制御のバランス、病的音声、SPとAPQ、調音実行のステージ

テーマ3吃音の自然治癒の背景探究

テーマ2の診断的な音響分析を幼児と学童児と成人の健常者と吃音者に実施してその病的音声の頻度を年齢のステージで観察して、その自然治癒率が50%~80%と言われる吃音の自然治癒の背景をさぐっている。 被験者は約100名である。 探求のキーは学童児の時期にある。 複数のスピーチセラピーの専門家が各世代間で同質同量と設定したサンプルにおいて、吃音児と健常児との有意差が学童児期になくなってしまう。 声変わりや大声での発声が頻繁とする中で呼気と喉頭の制御のバランスが回復していくから自然治癒となると考えられる。

キーワード:吃音、吃音の自然治癒、呼気と喉頭制御のバランス、幼児と学童児と成人、声変わり

テーマ4吃音と吃的非流暢性の言語症状の解明

発話の非流暢性の引き金を発話資料の蓋然性から検索し、その症状の形態を複数の引き金の序列から分析する。 これにより、発話の非流暢性の各症状の言語的な背景が解明される。

続きはこちら(pdf)

キーワード:発話の非流暢性の引き金[語頭、音声の移行、リズムの単位]

テーマ5吃音と機能性構音障害の記述分析のための日本語版音韻素性の開発(氏平2015, 2016)

概要はこちら(pdf)

キーワード:音韻素性、機能性構音障害、日本語、吃音

その他の研究テーマ

1) 第2言語習得過程に現れる非流暢性の分析から

英語母語話者、中国語母語話者、韓国語母語話者の日本語学習者の繰り返し部分をもつ非流暢性では、日本語学習の初級者、中級者、上級者とでは異なる様相(形態)を呈する。 初級者では共通して音節の繰り返しが有意に多くなり、上級者では日本語音韻単位であるモーラが多くなる。 中級者は母語の音韻単位とモーラと音節の繰り返しがほぼ均等である。したがってここに音節の普遍的な傾向を観察することができる。 要するに未知のあるいは未習熟の言語に普遍性のある音韻単位で対処する様が現れていると分析できる。 これは日本語母語話者の英語の発話で現れる非流暢性も同じ傾向をもつことが予想できる。 現在その分析を進めているところである。

2) 日本語の音韻論的分析

(1)分節的特徴

概要はこちら(pdf)

(2)超分節的特徴:経文の読経スタイルに見るフット構造におけるリズムの構成

「南無阿弥陀仏」を浄土真宗本願寺派では「なもあみだぶつ」と読み、その他では「なむあみだぶつ」と読まれたり唱えられたりする。 浄土真宗では親鸞聖人からの発音の忠実性が母音連続の基本的な音韻理論の制約より優先されたので、サンスクリット語から継承され/oa/が生き残った。 他では/oa/より/ua/の母音連続のほうがより二つの母音を鮮明化し弁別しやすいので、そちらが原型より優先されて生き残ったと考えられる。

南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)」を「なもあみだんぶ」と発音する。 もっとも経済性の高い撥音を語末に近い語中に挿入し「なもあみだんぶ」となった。 これは詩歌の形式の8モーラ4フットの枠組みで存在していると考えられる。 日本語では1フットは2モーラで構成される。 同じく日常勤行聖典の讃仏偈、重誓偈、十二礼、仏説阿弥陀経では「南無阿弥陀仏」を「なまんだぶ」と唱える。 これは「なもあみだぶつ」の語末の無声化と「つ」の消滅後に/oa/の母音連続が融合して/a/となって「なまみだぶ」となり、これがより経済的な発音に進んで,語中の弱い自立モーラが特殊モーラ化し、撥音化して母音を失い、撥音は逆行同化を受けて「なまんだぶ」となった。 これは五七調あるいは七五調では8モーラ4フットの枠組みとも考えられるが、経文では経文末で総回向偈の4行、10モーラ5フットの枠組みに組み込まれて構成されていると考えられる。

連絡先

住所
〒958-0053
新潟県村上市上の山2-16 新潟リハビリテーション大学 氏平明
電話
FAX
メール
pxm06100?nifty.ne.jp (?=@)