新潟リハビリテーション大学 氏平明研究室へようこそ。

当研究室では音声学・言語学の分野で発話の非流暢性についての研究を行っています。

更新履歴

2015 Dec. 21
各ページを修正しました

研究者紹介

平成27年度 現在氏平 明
ふりがな うじひら あきら
氏名 氏平 明
年齢 不詳
ふりがな にいがたけん むらかみし かみのやま 電話
住所 新潟県村上市上の山2-16
ふりがな きょうとふ きょうとし E-mail
住居 京都府京都市 pxm06100?nifty.ne.jp (?=@)
所属新潟リハビリテーション大学
(豊橋技術科学大学)
職名客員教授
担当授業
 音響学、言語学
講義や演習や実習と研究の領域
音声学(一般音声学から音響学まで)
言語学(音韻論、形態論、統語論、心理言語学、応用言語学)
日本語学(日本語音声学、日本語文法、日本語教授法)
日本語教育(日本語 初級・中級・上級、読解、作文、日本事情)
言語障害関係(吃音、構音障害)
非常勤講師
言語聴覚士養成関係の私立大学と専門学校
担当講義:基礎専門科目の言語学、音声学、音響学、聴覚心理、専門科目の吃音
研究対象
音声学・言語学と言語障害学の学際的領域の事象(含む健常者の発話)
学歴
平成6年3大阪外国語大学 外国語学部 日本語学科 卒業
(日本語教育主専攻・インドネシア語副専攻)
平成8年3大阪外国語大学大学院 外国語学研究科 修士課程 日本語学専攻 修了
平成12年3大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程 日本学専攻 修了
学位論文:『発話の非流暢性に関する言語学的・音声学的研究』
所属学会
日本音声学会(学会誌編集委員、学会誌査読員兼務)
日本音韻論学会(前事務局長, 理事)
日本音声言語医学会(学会誌査読員)
日本言語学会
社会言語科学会
日本コミュニケーション障害学会
関西言語学会
日本吃音・流暢性障害学会(学会誌編集委員長)
最近の社会貢献(07-15年度)
招待講演「吃音の言語学的・音声学的分析」
九州大学大学院人文科学院附属言語運用総合研究センター主催 第4回特別講演会
招待講演「言語学・音声学からセラピーへの提言」
北海道医療大学・日本音声学会・日本音響学会聴覚研究会主催シンポジューム「音声研究と言語聴覚士教育・臨床」
招待講演「ことばの結びつき、その背景にあるもの-合体を例に-」
豊橋市の生涯学習事業としての講演会 豊橋市教育委員会・栄校区社会教育委員会共催
招待講演「吃音:言語学的・音声学的分析」
日中吃音者交流会
招待講演「日本語音声入門」
第11回 京都言語障害研究会講演会・講習会
招待講演「言語聴覚士の教育・臨床における音声学」
第18回言語障害臨床学術研究会
招待講演「音声学・音韻学からの吃音へのアプローチと吃音矯正支援の可能性」
全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会, 第14回近畿ブロック大会吃音分科会
招待講演「ラ抜きことばと受け身形」
豊橋市社会教育委員会生涯学習会
招待講演「ST学生に求められる言語学・音声学の知識」
H21年度大学教育支援推進事業 保険・医療・福祉分野のインターシップを通した就活支援プログラム
招待講演「共通基盤の音声表記を目指して」
第35回口蓋裂学会シンポジューム 口蓋裂に伴う構音障害の評価と分類 -共通理解に向けて-
招待講演「言語学と南無阿弥陀仏」
西榮寺(仏教講座)
招待講演「音声のプランニングとその実現」
福岡県士会 秋の講演会
招待講演「音声学・言語学的側面からみた吃音者と非吃音者の非流暢性」
講演会「CALMSモデルによる吃音のアセスメントと臨床」
招待講演「言語臨床のための音声学」
京都言語障害研究会第137回例会
招待講演「吃音の診断基準とセラピーの可能性について」
第2回 吃音フォーラム in 名古屋 「吃音って何だろう?~会話と言語の世界から観た吃音~」
招待講演「明日から使える臨床の音声学・言語学」
2014年度新潟県士会研修会
招待講演「最新の構音障害の臨床」
第41回 日本コミュニケーション障害学会学術講演会 会長推薦講演
招待講演「言語の普遍性と個別性考慮した言語障害の症状の解明とそのセラピーの探求-吃音の周辺について-」
第41回 日本コミュニケーション障害学会学術講演会 吃音および流暢性障害研究会分科会
職歴
山小屋従業員、運輸会社社員、学習塾経営、
あっちこっち大学非常勤講師を経て茨城大学教授ならびに豊橋技術科学大学そして今
趣味
歴史を辿る、能狂言鑑賞、昔登山今半日ハイキング
家族
妻と子ども二人

連絡先

住所
〒958-0053
新潟県村上市上の山2-16 新潟リハビリテーション大学 氏平明
電話
FAX
メール
pxm06100?nifty.ne.jp (?=@)